個別指導塾は勉強嫌いな子供たちの個性を尊重する

勉強嫌いは学習能力が無いということではない

よく誤解されやすい事ですが、勉強が嫌いなことは学習能力が低いということではありません。勉強が出来ずに怒られてばかりの子でも、ゲームの事だけは覚えが良いというケースは珍しいことではありません。このことからわかるのは、子供は興味を持った事への知識吸収力が非常に高く、勉強嫌いになって成績が落ちるのは勉強への興味のもたせ方が上手くいっていないという事です。しかし集団指導塾や学校の授業ではそうした子供だけのために割く時間や講師・教師の時間が無いというのが実情です。学校や集団指導塾での授業で成績が伸びないのは、それらの授業によるアプローチではその子に合わないということの証拠なので、早めに他のアプローチを行える勉学の場を探すべきだと言えるでしょう。

個別指導塾なら様々なアプローチを模索してもらえる

子供に合った勉強への興味のもたせ方が重要なのは前述の通りですが、その際に非常に頼りになるのが個別指導塾の存在です。個別指導塾では基本的に講師と生徒がマンツーマンで授業を行う為、子供がどんな事に興味を示しどんな事だと興味を失ってしまうのかを講師が把握しやすくなっています。そのため興味を持ってもらえる授業の仕方を講師側から模索することができ、上手く子供の興味を持てる授業方法が確立すれば成績が一気に伸びる可能性を秘めています。勉強はダメだけど他のことは覚えが良い、ゲームやスマホの扱いが得意だという子には特に個別指導塾はおすすめできるでしょう。また個別指導塾にも良し悪しはあるため、しっかりと我が子と講師の相性がどうなのかは見て決める事が大切です。

中学受験の個別指導では生徒それぞれの弱点に沿った指導を受けることができるため、短時間でより効率的な学習をすることが可能です。